無料ブログはココログ

« 勝負の行方 | トップページ | どうなる?日本シリーズ。 »

2009年11月 3日 (火)

秋季関東高校野球

群馬からは1位代表、前橋商業と2位代表、前橋工業が出場。

10月31日、まずは突然の監督交代劇で話題の前橋工業が栃木2位の矢板中央と市原臨海球場を舞台に対戦。3-4劇的サヨナラ勝ちで前橋工業が一歩甲子園の入り口に近ずいた。

11月1日、続いて前橋商業が2年連続出場をかけスタートを切った。対するは埼玉2位花咲徳栄と千葉県野球場で行われた。前橋商業は序盤から再三チャンスを作りながら得点できず4回までに3点を奪われ敗れた。攻撃的なチームではないだけにこれまでは堅実な試合展開、そして少ないチャンスをモノにしてきただけに「らしくない」敗戦となった。

11月2日、前橋工業が今大会初登場となる千葉商大付属と千葉県野球場で対戦。序盤から点の奪い合い!激しい試合展開に両校必死のプレーが続く。7回を終え7-8と1点ビハインドで迎えた8回、前橋工業は同点に追いついた。しかしその後、両校ピンチをしのぎ、チャンスをモノにできず決定打の無いまま延長13回日没再試合となった。勝てばベスト4、甲子園当確ラインなだけに懸命な戦いであった。

息子はこの戦いをどう見ているのか?甲子園と言うステージへの一年で2度あるうちの最初の戦い。『夏があるから・・』と気を抜いたチームは絶対に勝てないのである。中継も新聞での扱いも夏ほどではないが数多くの名勝負・好記録・名選手を出してきている大会。夏の注目選手もここで活躍したことが決め手となることが多い。目が離せ無いのと同時に、最上級生が現2年生、中学3年の息子にとっては中学を同じ時期にすごしてきた身近な選手達のプレーに成長度と親近感を重ね合わせて参考にして欲しい。

« 勝負の行方 | トップページ | どうなる?日本シリーズ。 »

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068590/32048154

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季関東高校野球:

« 勝負の行方 | トップページ | どうなる?日本シリーズ。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック