無料ブログはココログ

« 前工敗れる! | トップページ | 選抜甲子園準々決勝 »

2010年3月30日 (火)

置土産と餞別

甲子園大会真っ只中、負けじとここ群馬では各地区でリーグ戦が行われている。

Kantoku

3月も終わり近くなり、どの高校に誰が入学する・・などと情報も行き来しているようであるが、もう一つ忘れてはいけないのが先生(部の顧問)の異動である。

先日行われた西毛リーグでの一戦、大会途中ながら試合後選手に異動を伝えたシーンがあった。。

選手達に伝える日の試合中、どんな想いで最後の指揮を執ったのか・・・・・。

よい形で引き継ぐ先生にバトンタッチをしたいであろう。

選手側にしたってそうだ。知らずに戦っているのだから、そんなことならあの時こうしていたらよかった・・。勝ちをプレゼントしたかった・・。などと沢山の後悔も生まれる。

だからこそ3月、4月の交代劇は難しい。

夏の大会、学年の交代とともに監督も人事異動が出来れば冬の指導にもあたれるであろうが・・。

Kantoku2

監督の最後の訓示。

結果的には締まった試合で勝利することが出来、監督からは引き継ぐ先生、仕上がってきた選手たちという置土産を残すことが出来、選手たちからはもっともっと教えてもらいたいことは山ほどあったであろうが、『最後は勝利』を餞別として贈ることが出来たのではないであろうか。

選手たちの更なる飛躍を期待する。。

« 前工敗れる! | トップページ | 選抜甲子園準々決勝 »

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068590/33998943

この記事へのトラックバック一覧です: 置土産と餞別:

« 前工敗れる! | トップページ | 選抜甲子園準々決勝 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック