無料ブログはココログ

« 異常あり・・・ | トップページ | 富岡高対農大二 »

2010年4月21日 (水)

前橋高対農大二

春季関東群馬予選ベスト16

前橋高校対東農大二の試合を観戦

1回ウラ満塁のチャンスに1年生が走者一掃の2塁打で農二が先制

Sp

しかし試合巧者、前橋が追い上げ7回に逆転する。

5-3 前橋勝利目前の9回ウラ、ドラマが待っていた。

Photo_2

先頭バッターがヒットで出塁!

Photo_3 次打者も続いて1・2塁

Photo_4 代打、1年生もレフト前ヒットで続き無死満塁のチャンス!

Photo_5 1番に打順がかえり、神がかり的な力を発揮する。

追い込まれた後、きわどい球を見逃すもボールの判定、ファールフライを打ち上げるも捕手・一塁手の呼吸が合わずボールはファウルグランドへ、更にハーフスイングを振っていないの判定後、四球を選び一点差に詰め寄った!!

Photo_6 次打者は頭部に死球を受け、同点としてガッツポーズを見せた。

Photo_7 前橋ベンチは温存していたエースをたまらず投入。

Photo_10 『無死満塁は最初の打者が決めないと厳しくなる』というプレッシャーからか?力んだように一死となる。

Photo_11 エース対エース、農二4番でエースは前進守備のセンターをオーバーするタイムリーで試合をひっくり返し、決着した。

Photo_12 歓喜に沸く農大二選手。

応援席も実に熱かった!

前橋の選手は素晴らしかった。

バッティング時のリストの強さはトップレベルだろう。ティーバッティング、ハーフバッティングといったところの練習を随分しているように思え、低く早い打球、そしてミートの上手さが目立った。

お互いノンタイトルということもあり選手を試す場、しかも手の内を晒さないようにと試合を運んでいる中での勝敗は前橋にとってはダメージがまったく残らない。対する農二は負けてしまえば夏に向け大変な苦手意識を残すところだっただけに大きな勝利をものにしたといえる。『勝ち』優先の対戦であれば互いに戦い方はまったく違う展開になったであろう両チーム、二度あることは三度あるという。夏にもまたありそうなカードだ。。

« 異常あり・・・ | トップページ | 富岡高対農大二 »

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068590/34324166

この記事へのトラックバック一覧です: 前橋高対農大二:

« 異常あり・・・ | トップページ | 富岡高対農大二 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック