無料ブログはココログ

« 高崎工粘勝 | トップページ | 健大高崎危機一髪 »

2010年7月21日 (水)

高崎商奇跡

チョット前のことになるが興奮冷め止まないあの一戦。

Photo

地元高崎勢対決とあってスタンドは埋め尽くされた。(私も臨時駐車場へ)

1対0

勝利を信じた3塁側

負けを覚悟した1塁側

そんな雰囲気がスタンドに流れていた。選手を除いて・・・・

高経附リードで迎えた9回裏 高崎商最後の攻撃も2アウト

代打登場に誰もが『何とかしろ!』と言う声援よりは一緒にやってきた仲間に悔いは残すなよ!といった激励のように聞こえた。

執念のヒット

兄弟で受け継いだ高商一塁ポジションの座、2年生が打席に入ると

意地のヒット

代打が出るのかと思われた1番に打順が帰ったがそのまま1年生が打席に

つなぎのヒット、のはずだった

センター前、ワンバウンドの捕球体制に入る。

しかし神の悪戯か・・・

打球はイレギュラーして跳ね上がりグラブをかすめるとフェンスへ転々と

10

2塁から同点のランナーが、1塁からもサヨナラのランナーがホームインした。

11

3塁側は時間が止まってしまったかのように音も動きも無くなった

何が起きたんだ?何で高商は騒いでいるんだ?何で・・・・・

泣くのなら、負けて泣くなら勝って泣け

泣きながらベンチを飛び出す高商ナイン

うなだれる高経附ナイン

『こんなことって・・・・・』両校にいえるこの言葉

奇跡と無情の高校生には酷なドラマ

« 高崎工粘勝 | トップページ | 健大高崎危機一髪 »

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068590/35839650

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎商奇跡:

« 高崎工粘勝 | トップページ | 健大高崎危機一髪 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック