無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

目指せ、選抜甲子園!

第63回秋季関東高校野球大会群馬県予選

9月4日の初戦を皮切りに熱戦が繰り広げられる

注目すべきは前橋商

夏の甲子園を経験し各校よりも新チームでのスタートが遅れたもののさすがに強さを感じる。

私の目には優勝候補に前橋育英と桐生第一。この両校が勝ちあがれば準決勝での対戦となりどちらかが関東への切符を逃すことになる。

対するゾーンの中からは太田商と前橋工が注目である。

もう一つ、気になる一戦として三回戦にあたるがお互い一勝ずつすると夏の再戦となる高崎商と高経附が夏の城南から場所を敷島に移しての試合に注目したい。高崎商も夏のエースが2年生で今チームもマウンドを任される。一方同じ西毛地区でありながら準優勝と力を付けた高経附台風の目になりそうな両校だ!

2010年8月23日 (月)

群馬、西毛リーグ

新チームによる秋の西毛リーグに行って来たときのこと

Photo

藤岡市民球場、小中のときにも試合経験があるにもかかわらず足を運んだことの無い球場でした。

Photo_2

農大二高対吉井高校との一戦

Photo_3

打つわ打つわの大騒ぎ!

Photo_4

大量援護に投手もラークラク!!

Photo_5

10-0 5回コールド農大二高圧勝(しかしこの後、連敗街道へ)

本日第2試合は・・・

Photo_6

2試合目となる吉井高校と中央中等の一戦

Photo_7

序盤は互いにチャンスをつくりながら得点できない

Photo_8

この試合の吉井高校の投手は高校に入ってから投手になったようだが

守備陣に足を引っ張られる不運もあったがよく投げていた

Photo_9

中央中等の投手はなかなか点を取ってくれない苛立ちも見せず自分のリズムで投球に専念していた。

新チームの活動が活発化してきた

中央中等は部員数の関係、常にベストメンバーであるが

農大二高の場合、試合組みと練習組みとに分かれ試合組みの中で更にいろいろな選手にチャンスを与えているようだった。

このグループは高崎高校、吉井高校、高崎北高校、中央中等、健大高崎、農大二高の6校で争われていた。イメージ的には健大高崎、追う農大二高と言う声を聞いたが、ナニナニ!高崎高校が強い!!高々アッパレ、セルリアンブルーの川を眺めつつ猛特訓の成果が表れてきたのか?続いて健大高崎が離されず秋に期待を残した!

2010年8月22日 (日)

悲願の沖縄興南

2010年夏の高校野球『甲子園』の決勝

史上6校目となる春夏連続制覇、そして夏沖縄県勢初の優勝を目指す興南

一方40年ぶりの優勝を目指す東海大相模

両校の対決は中盤以降大きく動いた

4回の興南チャンスでタイムリー、キャッチャーが外に構えたところ投じたボールはシュート回転して真ん中へ入ったところを痛打 1点先制

その後もスクイズを見破った東海大バッテリーだが捕手がサードへ悪送球2点目を奪うともう、東海大相模一二三投手は堪えられなかった・・・・

春の優勝校、興南島袋投手を相手に3日連続となる登板(いずれも完投)は酷だった。

誰も一二三君を攻められない

最後まで行かせるつもりの監督に交代を承諾、マウンドを後にした。

優勝候補といわれた春、初戦自由ヶ丘(福岡)に敗退

それからの苦悩、ホーム改造

残された夏にかける・・

勝利の女神は興南に微笑んだ

試合後の大エースのライバル2人は笑顔を見せてくれた

感動的な試合が多かった大会だった。奇跡も起きた、悪夢も見た大会だった。

秋の戦いはすでに始まっている

2010年8月21日 (土)

甲子園準決勝

報徳学園-興南

成田-東海大相模

凄い試合だった・・

これぞ準決勝!といった感じ

決勝は興南-東海大相模

各地 地元校意外としては大会前からこうなって欲しいと願う人も多かったであろう組み合わせじゃないだろうか?

あっ、興南-中京大中京を期待した人も多かったですね・・・

ともあれ今年注目!秋のドラフト1位候補の2人のエース対決が決勝の舞台で実現です

今年の勢力図、いや昨年秋からの高校野球の勢力図からして

東の横綱、東海大相模

西の横綱、興南

深紅の優勝旗はどちらの高校の手に??????

昔は甲子園を見に行くならベスト8、準々決勝が一番といわれたものです

今のように2日に分けて2試合ずつではなく一度に4試合、上位校全ての試合が1日で見られるからです。当然その中から優勝校も出るわけですし注目される選手が何人かいたからです。でも今年は準決勝が最高にエキサイティングな試合でしたね

それ以上の試合を決勝で望むのは欲張りでしょうか?

2010年8月18日 (水)

甲子園の途中ですが・・・

地元高崎周辺では西毛リーグの真っ最中

秋の大会への試金石とも言えるかもしれない

毎日毎日、呼吸をすれば内蔵を火傷しそうなくらい蒸し暑い中

どの学校も目の色をかえて練習していることだろう

100729_0715101

流行といっては変だが熱射病、熱中症には気をつけないと、あっそれと雷!

群馬は雷が多いから。

まだまだいろんな気をつけることがあるなぁ、部活帰りなんか『誘惑』なんてのもあるかもしれないし・・

とにかく楽しい高校生活も元気と言う柱がしっかりしていてのことだから。

2010年8月14日 (土)

前橋商、無念

甲子園、二回戦 対北大津

結果的には大差がついて敗れてしまった前商

本調子でないエース、野手も懸命に守っていた

しかし北大津打線は容赦ない

あまり経験の無い追う展開

同点に追いつくもすぐに離される、再度追いつくもまたすぐに離される・・・

勝ち越せない、同点まで

そこには北大津外野陣のポジショニングの良さが光った

投手力は互角、打線は北大津

内野守備互角、外野守備が北大津だった

継投もエースノックアウトの後にまた左腕・・

流れを切りたい場面だっただけに・・

でも群馬代表として本当に良く頑張った!負けちゃったけど甲子園に出たことでおめでとうの試合です。

長く続いた小さな大エースの時代、次はどんなチームに生まれ変わるのか?また前商に変わって別の高校が群馬を沸かすのか?楽しみになってきた!!!

2010年8月 9日 (月)

前橋商、完勝

愛媛県代表、宇和島東に勝利し高校球児の晴れの舞台、甲子園で嬉しい校歌を歌った。

エースは小柄な大投手、堂々のマウンド裁きで常に落ち着いたピッチング。

攻撃陣も相手のミスを見逃さず得点に結びつけた!

では、相手にミスが無かったら・・・・・

エースが素晴らしい投球をしたとしても試合はわからなかった。相手のミスの無い得点が1点でも欲しかった試合内容といえる。2試合目以降、厳しい試合が続きそうである。

出場校の紹介であるが・・・・

香川   英明    初出場      観音寺中央・高松商等破る 2005年創部46人

徳島   鳴門    15年ぶり6度目 小松島等破る         1911年創部39人

愛媛   宇和島東 11年ぶり8度目 済美・西条・川之江等破る  1901年創部39人

高知   明徳義塾 6年ぶり12度目 高知商・室戸等破る      1976年創部68人

福岡   西日本短大付 6年ぶり5度目 東福岡・飯塚等破る    1962年創部64人

佐賀   佐賀学園 6年ぶり6度目  佐賀商・龍谷等破る      1959年創部55人

長崎   長崎日大 2年連続9度目  海星・佐世保実等破る    1967年創部87人

熊本   九州学院 10年ぶり7度目 八代東等破る         1911年創部89人

大分   大分工   17年ぶり3度目 名豊・別府商等破る      1948年創部75人

宮崎   延岡学院 4年ぶり6度目  宮崎商・宮崎工等破る    1965年創部49人

鹿児島 鹿児島実  2年ぶり17度目 樟南・鹿児島南等破る    1918年創部95人

沖縄   興南    2年連続9度目  糸満・八重山・浦添等破る 1962年創部130人

以上、49校の戦いである。

2010年8月 8日 (日)

群馬最強、前橋商出陣!

8月8日、甲子園に前橋商が登場する。結果はいかに・・。

さて、前回の続きであるが

新潟   新潟名訓  3年ぶり6度目   日本文理等破る         1947年創部65人

長野   松本工   初出場            松商学園・長野日大等破る   1945年創部55人

山梨   日川     30年ぶり3度目  日本航空・富士学苑等破る   1918年創部49人

静岡   常葉学園橘 2年連続2度目  常葉学園菊川等破る       1963年創部39人

愛知   中京大中京 2年連続26回目 愛知啓成等破る          1923年創部70人

岐阜   土岐商    5年ぶり3度目   県岐阜商・多治見等破る    1985年創部50人

三重   いなべ総合学園 初出場     津田学園・皇学園等破る    1954年創部62人

富山   砺波工    初出場       富山商等破る           1962年創部50人

石川   遊学館    5年ぶり4度目   金沢西等破る           2001年創部67人

福井   福井商    2年ぶり20度目  敦賀気比等破る         1922年創部72人

滋賀   北大津    6年ぶり2度目   滋賀学園・彦根東等破る    1984年創部57人

京都   京都外大西 3年ぶり9度目   京都成章等破る         1957年創部95人

大阪   履正社    13年ぶり2度目  PL学園・近大付等破る     1986年創部52人

兵庫   報徳学園   2年ぶり14度目 神戸国際大付・市川等破る   1932年創部127人

奈良   天理     2年連続25度目  智弁学園等破る         1900年創部65人

和歌山  智弁和歌山 6年連続18度目 箕島・向陽等破る        1979年創部31人

岡山   倉敷商    3年連続9度目   玉野光南・金光学園等破る  1931年創部77人

広島   広陵     2年ぶり20度目  如水館等破る           1911年創部110人

鳥取   八頭     7年ぶり7度目    倉吉東・米子北等破る     1952年創部68人

島根   開星     2年ぶり7度目    浜田等破る            1988年創部66人

山口   南陽工    4年ぶり3度目    防府・防府商等破る      1963年創部88人

残り四国・九州・沖縄はまた後日・・

ガンバレ前商!

2010年8月 5日 (木)

前商は宇和島東と!

甲子園、今年群馬の代表として出場する前橋商業の対戦校が決まった。

愛媛県代表、宇和島東

ウワジマイーストの応援で我々のころは印象深い強豪校

さて、今年の代表校の顔ぶれは・・・・

北北海道 旭川実    11年ぶり3度目 駒大岩見沢・旭川龍谷等を破る 1960年創部66人

南北海道 北照      19年ぶり2度目 函館大有斗等を破る        1908年創部59人

青森    八戸工大一 12年ぶり5度目 弘前工・光星学院等を破る    1959年創部85人

岩手    一関学院    8年ぶり6度目 盛岡大付等を破る         1947年創部78人

秋田    能代商    25年ぶり2度目 秋田商・金足農等を破る     1923年創部54人

山形    山形中央   初出場               山形南等を破る          1953年創部53人

宮城    仙台育英   2年ぶり22度目 利府等を破る            1930年創部103人

福島    聖光学院   4年連続7度目  光南等を破る           1963年創部112人

茨城    水城     初出場       土浦日大・下妻二等を破る   1964年創部69人

栃木    佐野日大  9年ぶり6度目   作新学院・宇都宮工等を破る  1964年創部62人

群馬    前橋商    3年ぶり5度目     前橋工・前橋等を破る       1920年創部75人

埼玉    本庄一    2年ぶり2度目     花咲徳栄・浦和学院等を破る  1993年創部70人

千葉    成田     20年ぶり7度目 習志野・千葉経大付等を破る  1900年創部70人

東東京   関東一   2年ぶり5度目  修徳・成立学園等を破る     1927年創部64人

西東京  早稲田実      4年ぶり28度目 日大鶴ヶ丘・創価等を破る    1905年創部73人

神奈川  東海大相模 33年ぶり28度目 横浜・慶応等を破る        1963年創部80人

北は北海道から関東地区まで!続きは後日・・・。  

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック