無料ブログはココログ

« 偉大なる先輩 | トップページ | 秋季大会 »

2010年9月15日 (水)

高崎、商工対決

場所は上毛新聞敷島球場

一塁側に高崎商業、三塁側に高崎工業

高崎の商業VS工業の一戦が行われた

A

B

右と左、両投手の先発で幕を開けた。

2回裏、高商が先制するのだがその前の表、高工の攻撃が大きく試合を左右した。

一死2塁、打球を三塁手が弾きショート後方へ転がった。レフともカバーが早く素早く処理をするとランナーが3塁をオーバーランして止まり3塁へ戻ろうとしたがタッチアウトとなった。3塁コーチャーの大切さ、まだまだ経験の浅い新人戦ではあるが痛い判断ミスであった。

D

しかし高工は元気だ!打線がいい!バッティングセンスは高商より上であった。しっかりミートし弾き返す。自分のスイングがしっかりしているのと待ち球の選別が出来ているのであろう。6-0とリードされても3点を返し8-3と更にリードを許しても8-5と粘る。最終回も2死ながら満塁まで追い込むが力尽きた。

E

F

高工は左から右へ、高商は右から左への継投

投手力、守備力で勝る高崎商業が2年ぶりの選抜へ一歩前進した。

« 偉大なる先輩 | トップページ | 秋季大会 »

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068590/36753446

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎、商工対決:

« 偉大なる先輩 | トップページ | 秋季大会 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック