無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月19日 (金)

優勝は日大三、早稲田

選抜準優勝の日大三(東京)が初優勝を飾った

初回に先制するとその後も本塁打などで大量リードを奪いこのまま行くか?と思わせた

しかし中盤以降打ちあぐねていた日大三のエースを捉え始めどうなるかとさえ感じた

結果的には4-1と言うスコア以上に後半もつれ手に汗握る試合だった

Photo

Jpg

Photo_2

次は昨年の無念を晴らすべく選抜での優勝を目指す

一方大学の部は早稲田大学がこちらも初となる優勝を飾った

先発は東海大は予想通り菅野、早稲田は広島ドラフト1位、福井をマウンドに送った

Photo_3

東海大が早稲田のエラーにより幸運な1点を先制、今日の出来からして菅野にはこれで充分かとも思えた

Photo_5 

しかし四球エラーなども絡み迎えた満塁の早稲田チャンス2点タイムリーで逆転すると東海大の前に大きく立ちはだかったのが埼玉西武ドラフト1位、大石だ!東海大打線をまったく寄せ付けず最終回

應武監督は斎藤を指名、その際等が最後の早稲田のユニフォームに身を包みマウンドで躍動するとそのまま東海大打線を締めくくった!

Photo_6

Photo_7

試合後斎藤は菅野のところへ・・・・・

菅原が「負けたのは悔しいし、4年生に勝たせてあげたかったがこの大観衆の中で投げられて楽しかった」かれはまだ3年生、来年のドラフトの目玉間違いなし!

その菅野に斎藤はこれからの大学野球を託したのであろう

そのためには来年、神宮のスタンドを埋められるだけの選手になることが大切だ!

2010年11月17日 (水)

明治神宮野球大会決勝

あっと言う間に決勝

17日は雨のために18日に順延となったが組み合わせは次のとおり

高校の部

鹿児島実-日大三

大学の部

早稲田-東海大

早稲田・斎藤、東海大・菅野の先発が予想される大学

斎藤投手、有終の美なるか?が注目されるが應武監督のこと、大石・福井との3本柱総動員が予想され、意外にも初となる優勝を目指す。しかし総動員になった場合は逆に劣勢の可能性が大。

それ以上に可能性を秘めているのが東海大・菅野投手来年のドラフトの注目選手だけにこれまでも先発・押さえとフル回転だ。そして27年ぶり4度めの優勝を目指す!

2010年11月12日 (金)

間もなく明治神宮大会

各地区の秋季大会も終了し明治神宮大会への出場校も決定した

  • 北海道 北海
  • 東北   東北(宮城)
  • 北信越 金沢(石川)
  • 関東   浦和学院(埼玉)
  • 東京   日大三
  • 東海   大垣日大(岐阜)
  • 近畿   天理(奈良)
  • 中国   関西(岡山)
  • 四国   明徳義塾(高知)
  • 九州   鹿児島実

以上の10代表によって争われる。

組み合わせは

11月13日

一回戦 関西-明徳義塾  東北-金沢

11月14日

二回戦 天理-大垣日大  北海-日大三

11月15日

二回戦 鹿児島実-(関西・明徳勝者) 浦和学院-(東北・金沢勝者)

11月13日皮切りに17日まで大学の部と同時進行で行われる。

午前-高校   午後-大学 といった具合だ

今年は大学生に注目選手が多いため早めの入場を狙って来る大学ファンが多いと考えられる。すると高校の試合観戦にも影響が出るかもしれないので要注意! 

2010年11月 8日 (月)

進退問題

どうしたものだろう

甲子園どころか練習試合、はてさて通常練習すら満足に出来ない

焦り、不安、それだけじゃない取り返そうとすると別の場所を故障する

これ以上休めない、だけど走れない

一番下手だという現実

もう、野球なんか・・・・・

最大の危機かもしれない

親として子どもの身体は守りたい、でも満足な状態で野球どころか部活をやっている人の方が少ない。親の世代のころと比較して判断してしまうため、今の子ども達には厳しく感じる部分はあろうかと思う。やめるのは簡単、やめた後の後悔は取り返すことが出来ないのが学生期間である部活だ。

この数日で結論は出るだろう。。

2010年11月 6日 (土)

浦和学院優勝

優勝は浦和学院だった。  おめでとう!

東海大相模との激戦を制しての優勝は15年ぶりとか・・・

素晴らしいチームの集結した関東大会をグランドでご覧になられた方達が本当に羨ましいです。だってきっとこの中から来春の甲子園は当然のこと、きっと大学もしくはプロの選手が生まれてゆくんですよ数名・・・・(ミーハーなもんでヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

これからは神宮大会ですね。

この大会も全国を知る上で参考になる大会です。どうか現役選手たちにはケーブルか何かで見ていただきたい。きっと全国のレベルや参考にすべき解説者の話、実況の中で語られる選手・部・家庭・などのエピソードなどなど勉強になると思います!

2010年11月 5日 (金)

関東大会4

決勝は・・・・・・

東海大相模VS浦和学院

神奈川1位代表、東海大相模を破った横浜やぶれる!

そのチームが浦和学院、優勝候補最有力候補とも噂されていた強豪だった。その噂どおりの戦いで見事横浜を撃破、決勝進出を果たし今度は2位代表の東海大相模に襲い掛かる。

息子が一度は入部に憧れた浦和学院shine

しかし育英応援の群馬県民としては相模応援かなsign02

兎にも角にも決勝は5日、県営球場10時プレーボール

2010年11月 4日 (木)

関東大会3

前橋育英力尽きる

  • 前 橋 育 英  200 200 001  5
  • 東海大相模   002 010 32×  8

先発は一年生高橋拓!

期待の左腕だ。これまでも大事に試合に起用されその期待にこたえてきた!

終盤力尽きリードを守りきれなかったが継投の遅れか・・・

選抜切符はどうであろうか??微妙な位置であるがとにかく終わった群馬の秋。

打線の活躍は文句のつけようが無い 本当に素晴らしい出来だった。

関東各県のトップレベルの高校が集結している関東大会。

高商も育英も一年生の活躍が県大会から今までを通じて欠かせないモノであった。むしろこれから夏に向けてのキーワードといっても良い。『一年生の出来』

2010年11月 2日 (火)

関東大会2

前橋育英初戦突破!

  • 鷲宮102 012 000 6
  • 育英200 412 00× 9

先発はエース右腕池田

点の取り合いとなったこの試合、鷲宮が先制すると、すかさずその裏育英が逆転。3回に再逆転を許すものの4回裏、育英4番牛崎の3ランなどで4点を奪い6-3と初めて2点以上のリードを得て安定した試合展開に持ち込むか・・に思えたが、両校5・6回に1点、2点と得点した。7回以降は互いに無得点に終わり、9-6育英が2回戦に駒を進めた。

高商、横浜相手にあと一歩及ばず

  • 横浜110 120 200 7
  • 高商000 000 402 6

先発はエース右腕金井

序盤から試合は完全な横浜ペース。7回裏2死2塁、あと1アウトで関東大会でのコールド試合目前。ここから高商の驚異の粘りが始まる。連打で4点を奪い息を吹き返した高商は最後の最後まで諦めない、9回にも2点を返し2死ながら一打同点、長打なら一気に逆転サヨナラの場面にまで追い詰めたがあと1本が出なかった。序盤の大量失点が惜しまれるがそれ以上に全国区横浜相手に粘りを見せられたこと温存していたエースを引きずり出し追い詰められたことは春以降、自信に繋がるであろう。

関東大会1

1日の結果

佐野日大(栃木・1位)3-6春日部共栄(埼玉・2位)

水城(茨城・1位)7-3日本航空(山梨・2位)

文星芸大附(栃木・2位)2-4千葉経大附(千葉・2位)

早くも栃木勢2校が姿を消した

いよいよ群馬代表、育英・高商の登場だ!

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック