無料ブログはココログ

« 劇的 初戦突破 | トップページ | 帝京敗れる »

2011年8月13日 (土)

夢の終演

一回戦で常連校、今治西を破り甲子園に衝撃デビューを果たした健大高崎が二回戦で今大会初登場となるこれまた常連校ビッグネーム、横浜と相対した

序盤で5点をリードされここまでか・・・

そう思った6回表横浜の投手を捉えた健大高崎打線が一気に同点に追いつきそのまま延長戦へともつれ込んだ

5、6点の勝負

どちらも5点は取れるであろう

6点目を奪った方が勝つのでは・・

試合前の妻に語った予想通りの展開に自分でもビックリしている

チャンスはあった

でも・・・・・・・・・・・・・・

これが高校野球、一発勝負の恐ろしさ

でもネットに出ていた両校の選手のコメントに目頭が熱くなった

横浜 渡辺監督

足を警戒していました。機動力は全国で上位クラス

横浜 高橋選手(サヨナラ打)

健大高崎は足も速くてバッティングも良くて・・・・・強かったです

健大高崎 門村主将

後悔せずにやろうと言ったのに自分がみんなを後悔させてしまった。敗因は全部自分

健大高崎 片貝投手

今日は甲子園という舞台で自分でも驚くような力が出ました。横浜という名門を相手に自分達は挑戦する気持ちを最後まで出来て良かったです

健大高崎 小池選手(1,2回戦共に3安打)

ヒットを打って(塁上で)眺める景色が本当に好きだった。悔しいけれど将来に誇れる

素晴らしい夏だった。群馬代表健大高崎ありがとう

« 劇的 初戦突破 | トップページ | 帝京敗れる »

甲子園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068590/41188433

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の終演:

« 劇的 初戦突破 | トップページ | 帝京敗れる »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック