無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

高々も続いた!

31年ぶりのセンバツ出場を目指す高崎が千葉2位の東海大望洋を4-2で降し一回戦を突破した

初回、硬くなったのか?慎重になりすぎたのか?

四死球でピンチを招くとタイムリーでいきなり2点を先制された

尚続くピンチを好守で凌いだのがこの試合を大きく流れを変えてゆく原動力となった

持ち前のピッチングが見られたのが2回以降

その後は無四球に抑える島田君らしい投球

彼は内野もこなせるセンス抜群の選手

夏に打たれいろいろ周りから酷評を受けたが当時から高々を支える2本柱の1人、いつでも行く態勢だったのだが運が悪かったといえよう

しかし当時のことをきっとバネに、負けじ魂で自分を鍛え抜いてきての結果ともいえる

それでも関東といえば皆格上、チャレンジャー精神でぶつかっていったのでしょう

おめでとう!あと1つで『当確』です

でも結果を気にせずワンプレーを全力で!!!

2011年10月30日 (日)

らしくない・・・・

秋季関東大会1回戦

本県代表、健大高崎(1位)対文星芸大付(栃木2位)は

2-0で健大高崎が零封勝ち

しかし・・・初回、先頭打者本塁打と貴重な追加点は8回これも本塁打による得点

1ヒットでも得点できる足攻を絡めた攻撃は息を潜めたのか?

健大高崎らしくなさを感じる

もっともっと大暴れして欲しいチームですので!

そしていよいよ高々の出陣です

エース島田君がどれだけ粘れるかに掛かってきます

【東海大】の冠ネームに惑わされずワンプレーをしっかり大切に!

2011年10月29日 (土)

先ずは健大高崎出陣

29日、健大高崎が栃木2位の文星芸大付と対戦する

いよいよ関東大会、センバツ甲子園へのラストスパートといえる

この試合に勝てばベスト4、ほぼ甲子園切符を手中に出来るだけに応援にも力が入るだろう

今の健大高崎の野球スタイルは夏の大会(県予選・甲子園)でも通用することが証明され、その時よりも投手を含むディフェンスにおいて安定感を増している

期待大ですが油断は禁物チャレンジャー精神を忘れず挑んでもらいたい!

2011年10月28日 (金)

2011ドラフト

昨年に続き群馬から今年も2名のドラ1が誕生した!

大学投手ビッグ3の1人、大注目の東洋大学、藤岡投手(桐生第一)が千葉ロッテから3チーム競合の末。

今年もオリックスが1位指名してくれたのが安達内野手(榛名)走攻守にわたって期待されている。

楽天4位岡島捕手は関東学園大付

オリックス7位小島内野手は桐生第一

日ハム7位大嶋捕手は新島学園ソフトボール部

阪神育成枠1位に広神捕手が前橋育英

(広神選手と同じく群馬ダイヤモンドペガサスから清水投手がソフトバンク育成枠4位指名、東京出身)

以上6名の上州健児がプロの扉を叩きます応援しよう!

2011年10月20日 (木)

2011秋季関東大会組み合わせ

発表から大分経つが

気になる群馬代表の組み合わせから・・・

健大高崎(1位)-文星芸大付(栃木2位)と29日

高崎(2位)-東海大望洋(千葉2位)と30日に試合が行われる

ちなみに高崎は勝てば東海大甲府(山梨1位)との組み合わせまで決まっている

組み合わせを見るかぎり健大高崎はベスト4までの道程が大きく期待される抽選となったように思う。

対し高崎は厳しい戦いを余儀なくされそうだ

栃木大会決勝は作新学院と文星芸大付

互いに譲らず0-0で迎えた9回表、作新は待望の2点を奪い裏の攻撃も抑えて完封で栃木大会を制した。

千葉大会決勝は千葉英和と東海大望洋

2-0で望洋リードのまま終盤を迎えこのまま決まるのか?と思われた8回表に英和が1点を返すと試合は大きく動いた。続く9回には一挙5点を奪い試合をひっくり返し逆転!対する望洋もその裏1点を返す反撃を見せるが及ばなかった・・

終盤にドラマがおきたがそれまではどちらも投手を中心とした守備陣も安定しているといったところか?1点の重要性、執着心がモノをいいそうだ

2011年10月 4日 (火)

2011秋季大会8(決勝)

健大高崎、夏に続き群馬を制す

健大高崎が高崎を降し優勝、高崎は甲子園出場を決めた31年前以来の優勝を逃す結果だった。

走る野球は何年も続けられない

そう思っていた私は今年の健大高崎が勝ち続けることは難しいのではないかと思っていた。

しかし今回も走る走る・・

塁に出れば確実に走りヒット1本で1点を奪える

(先日の巨人は1イニング3本のヒットで1点も取れなかったのにねェ・・)

各地区で代表校が決まってきている

強豪校を相手に健大高崎にはこのままのスタイルを貫いてもらいたい

高崎高は負けない野球を目指して欲しい

制球力を磨き、鉄壁な野手陣との信頼関係で戦えるチーム作りでどんなピンチでも守り抜く、失点を防いでゆく戦い方に専念してほしいそして隙あらばワンチャンスをモノにして勝ち抜いてゆくしたたかで我慢強いチームがふさわしいように思う。

健大高崎、夏より厳しいのは県を制しても甲子園に直結しないというところ

この先を勝ち抜かなければ準優勝の高崎が甲子園!なんてこともある

優勝したから・・ではなくこの先を勝ち抜いてゆくための原動力にしてほしい

敗れた他の高校球児は素直にこの両校を参考にした方がよい

本気で甲子園を口にするのならば学校の名で戦える時代ではないのだから

強化を図り着実に力をつけた健大高崎

進学校でありながら厳しい練習と練習量を誇る高崎高

結構休みも多く時間も短く選手の自覚も指導者の責任・誇りも親の弁えも無いところが多いのではないだろうか・・

野球部は進学・就職の道具じゃないのです。もっと真剣に、目標を大きく!

2011年10月 2日 (日)

2011.秋季大会7

関東切符は高崎、健大高崎の両高崎勢に!

高崎は沼田を相手にエースが安定した投球、打線も奮起し7回コールド完封で圧倒

一方、夏の代表校健大高崎は夏を上回る機動力を武器に投手がこの試合も要所を締め好投手擁する桐生商を振り切った。こちらも完封での勝利

気持ちは決勝を通り越し早くも関東大会!そして高崎から甲子園へダブル出場!!

夏春連続を目指す健大高崎に隙が見られない

改めて健大時代の到来を感じさせる強さは目を見張るモノがある

高崎は現監督が現役当時センバツ初出場を果たして以来の甲子園を目指すが関東大会へも随分久しぶりのように思う。多分29年ぶりくらいか・・・

あの時の甲子園、私応援に行っていたんです!

高崎はその試合、後に中日ドラゴンズの主力となる音選手率いる星稜に11-1で完敗でした(音選手は1年時あの伝説の試合対箕島高との延長18回の試合に先発出場)

前の試合は「豪腕」秋田経大付の松本投手、後に横浜大洋ホエールズが丸亀商を相手に3-0完封勝利

後の試合が大府高、後に巨人の三本柱の一角を担った「速球王」槙原投手の試合でした。報徳学園を相手に5-3で勝利

と凄い投手・選手の高校が集中した試合の日で、しかも高崎自身星稜なんて言うビッグネームを相手にする凄い一日だった・・・・

甲子園出場を機に高崎はヘルメットの色をアズキ色から白にしたような記憶まで蘇ってきます。

いよいよ県・決勝がんばれ高崎、負けるな健大高崎!

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック