無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月25日 (金)

明治神宮野球大会 高校の部

いよいよ関東の覇者、浦和学院の登場

相手は初戦、東京代表の関東一高を僅差で破った愛工大名電

試合は序盤から浦和ペース

毎回の安打を重ねてゆく

しかしなかなか得点には至らなかったのだが4回、遂にタイムリーで先制!

このまま押し切るのか?と思わせる展開だった

しかし愛工大名電エースも粘りの投球で追加点を許さないどころか中盤以降徐々に調子を上げて行く

遂に浦和先発投手を捕らえ8回に逆転の3点、浦和は継投を見せるが愛工大名電は更に9回、たたみ掛ける様な打線のつながりで一挙5点を上げ試合を決めた

全国制覇を目論む浦和学院にとって惜しい試合だった

勝てる試合だった、しかしちょっとした綻びから逆転を許す全国のレベルを実感しセンバツに向けて良い薬となったことであろう

勝利した愛工大名電の次戦は北海道代表、北照と準決勝だ

2011年11月19日 (土)

第42回明治神宮野球大会

今年も大学、高校の部と行われる

どちらも最高峰の大会といってよい(と私は思っている)

高校の部で言えば各県優勝どころじゃない!

東北や関東、東海、近畿などなど各地区の優勝校が集うこの大会は甲子園以上の格式のある大会と思い毎年楽しみにしている。

実際、センバツをかけての大会の延長線上にあるため選手たちの意識は低いかもしれないがここを目指せば自ずとセンバツも付いてくる、事実上ここに出てくる高校は全てセンバツにも出場してくるのである。

さて、23日から始まるこの大会は関東第一(東京)が愛工大名電(東海・愛知)と対戦しその勝者が関東の覇者、浦和学院(関東・埼玉)と一戦を交える形となっている。

どんなドラマが生まれるのか、さらには大学の方も気になるところである

2011年11月14日 (月)

時代の流れと・・

野球に限らず様々なスポーツが行われ各代表校なども決定してきている

国立、代々木を目指した春高バレーの代表には

男子・伊勢崎(2年連続8度目) 女子・西邑楽(25年ぶり3度目)

京都、西京極を走る駅伝の代表には

男子・東農大二(2年連続23回目) 女子・常磐(12年連続12回目)

花園を賭けたラグビーの代表には

明和県央(3年連続3度目)

国立競技場での準決勝/決勝を目指すサッカー代表には

桐生第一(初出場)

ラグビーは昔、高崎の時代そして東農大二の黄金期・・・今は磐石の明和県央時代

駅伝男子は昔、中之条の独壇場・・・今は東農大二が一歩抜き出たか

そしてサッカー毎年タレント集団で王者の座を守ってきた育英が桐生第一に失脚

野球は桐生・前橋工・高崎商・東農大二などが勢力を強めたが指導者の交代などから平成のカリスマ福田監督の登場で1999年には群馬勢初の全国制覇、その後前橋商が安定したチーム作りをするが今や健大高崎の時代に入ろうとしている。

流れ行く時の中で復活を祈る各OB・卒業生達、同じように新興勢力・初出場で今を満喫できるそのOB・卒業生達

流れは大きくなるのか?それとも変わってゆくのであろうか・・・・・。

2011年11月 4日 (金)

群馬勢共に敗れる

快進撃を見せた健大高崎と高崎高

準決勝で姿を消すこととなった

健大高崎は浦和学院にあわやコールドといったところから反撃も虚しく11-7

高崎は作新学院に6-3善戦だった

どちらも立派だった!

あとは来年の正式発表を待ちましょう!

2011年11月 3日 (木)

来たぜっ高々!!

東海大甲府を撃破

遂にベスト4まで登りつめた

この試合も高々は初回、島田投手の立ち上がりを攻められ先制点を奪われる

しかし1失点で凌いだことが大きかった

その後は逆にボディーブローのように攻め続け逆転に成功!

8回の追加点、1点も相手にダメージを与えたに違いない

準決勝は栃木県代表作新学院

準々決勝で横浜高校を破ってきている言わずと知れた優勝候補の一角だ

当確範囲のベスト4ではあるがベスト4に残りながら準決勝でコールド負けをしたことからセンバツ枠から外された事例もあるほど。

しっかりと戦って欲しい

作新のパンチ力は群馬のレベルを超えたものがある

しかし長距離ヒッターには好きなヒッティングゾーンの近くに穴があるもの・・・

そこを制球を乱すことなくしっかりと投げ込めるか?という点と少ないであろうチャンスを確実にモノにできるかどうか?全ては連投になる島田君の出来にかかってきている。

3日は県民マラソ・・違った 健大高崎と共に高崎高校が準決勝に挑む

高崎勢同士の決勝なんてことになったらなんて凄いことなんでしょうhappy01

両校の健闘を祈りましょう

2011年11月 2日 (水)

やったね健大、続けっ高々!!

健大高崎が1回戦の文星芸大附戦に続き2回戦の千葉英和(千葉1位)を完封で勝利!

センバツほぼ当確といったところ(ベスト4)まで来た

これで夏春連続出場が濃厚になった  おめでとう!happy01

さて次は高々の出陣ですimpact

2回戦の相手は今大会初登場、山梨1位の東海大甲府ビッグネームの一校です

打線も良さそうなのでいかにミスをしないでゲームを作っていけるかがポイント

接戦に持ち込めれば・・・・・

勝てばこちらもベスト4!31年ぶりの甲子園も目の前

それ以前にはあと一歩、を経験してきた高々が今年にかける意気込みを最大限に発揮しなければならない一戦です。注目ですし応援しましょう!!!

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック