無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月26日 (木)

ベスト8

高校野球はベスト8

28日からベスト4を賭けた戦いが城南球場で始まる

4/28 健大高崎-常磐  樹徳-富岡実

4/29 前橋商-農大二  桐生商-前橋育英

予想は健大高崎  樹徳  前商  育英のベスト4です

決勝予想は健大高崎  前橋育英!

優勝は前橋育英と大胆な予想

若駒の時と同じ組み合わせですがあの時、この2校がトップ2で争うことを予想していた私の変わらぬ信念と言ってもよい

ただ、樹徳、前橋商、桐生商も強くなりました。ここが侮れませんぞ

高商、農二の2校が夏は台風の目になることが予想される。残念なことは本命になりきれないこと・・・でも高崎商は監督も変わって今はすでに夏に向けて大きく伸びようとしている問題は間に合うかどうかだ!

2012年4月24日 (火)

春季大会

群馬県では今、春季大会で各校一冬越した成果を試しつつ夏に向けての課題を見つけたり、他校の戦力分析などで熱くなっている

群を抜く力を誇る健大高崎がやはり安定した戦いぶりを見せている

あまり球場へ足を運べない今年、私が結果で見るときに得点と失点の両方を見る(1試合ではわからないので2試合終わった時点)

今年は健大高崎(11-0、8-0)の他に樹徳(8-0、1-0)、農二(7-0、2-0)が無失点でここまで勝ち残っている

この春一番の話題といえる前商・富岡監督(高商へ)と高商・住吉監督(前商へ)のお互い母校への入れ替わりと言う形で始まった大会だけに両校の活躍にも注目したのだが、前商は注目のエース岩崎君を軸に順調に勝ち残るが高商が2回戦で樹徳に僅差で敗れ明暗を分けた。やはり高商の課題は打線だったようだ

農二も順当勝ちと思っている選手一人ひとりには潜在能力があり選手層は決して薄くは無い。部員が多いのだから当然と思われるが良い選手を片っ端から入部させているわけではなく入部を制限せず受け入れた中で今年は選手層が厚いのは確かである。

ただ、起用法・選手のリストアップに好みが入り込んでいるのかなぜ?と言う選手が使われることも多い。

これからの戦いで夏が占えそうである!

樹徳戦  高商の選手はこの試合が鍵と睨んでいたように感じた話の中で自信があるような・・無いような・・勝てても健大がいるしぃ・・みたいな

監督が変わり今まで以上に元気の良い部員の声が練習中、聞こえてくる

きっと大きく育つでしょうこの子達は!!

2012年4月 5日 (木)

大阪桐蔭初優勝

高崎から2校選出された今年のセンバツ

準決勝で健大高崎を破り決勝へ駒を進めた大阪桐蔭が明治神宮大会で優勝し東北から初優勝を目指す光星学院を降しセンバツの幕を閉じた

大阪桐蔭は圧倒的な強さを誇るわけではない打たれもするしピンチも招く

しかし負けなかったのは準々決勝までの試合で全て相手に主導権を握られながら諦めず終盤試合をひっくり返して勝ち上がってきた粘り強さと準決勝の健大高崎・決勝の光星学院戦で見られたように先制したものの一度は追いつかれるがそのウラすぐに勝ち越して相手に流れを渡すどころか落胆させてしまう集中力!これが大きかった・・・

とにかく健大高崎は全国でもトップクラスの力があることが証明された格好だったが序盤に足を封じられるとその後自慢の『足攻』を封印、私の目には今までの自分達の信じてやってきた野球、これが健大高崎の野球だ!と言うことを捨ててしまったような印象を持って残念でならない通じなくても、刺されようとも、足を使った攻めに徹して欲しかった。。

夏はどうなるのか健大高崎が全国制覇を目指し群馬を制するのか?それとも高崎が春・夏の旋風を巻き起こすのか?第三のチームが名乗りを挙げるのか前哨戦とも言える春の大会が間もなく始まる!

2012年4月 2日 (月)

センバツはベスト4

センバツはベスト4が出揃った

大阪桐蔭(大阪)-健大高崎(群馬)

光星学院(青森)-関東一高(東京)

健大高崎は初出場ながら堂々のベスト4入り

地元では「優勝するんじゃ・・・」と期待も膨らみ 私も「健大高崎はどうだ?」と質問攻めに合うようになりました。

一回戦の天理 二回戦の神村学園、そして準々決勝となる対ミラクル鳴門戦。

ここまでは勝つでしょうと予想し的中してきた。がっ!ここからは・・・

秋季大会、大阪桐蔭は天理に破れていることから考えると勝てない相手ではない

しかし、これ以上望んでいいものか・・ベスト4、これで充分じゃない?との思いもある

それよりも光星-名電 横浜-関東一戦両試合の明らかに誤審と見られる判定は結果的に試合に大きく関係した物だけに注意をしていただきたい。

選手・スタッフは勝つために毎日毎日何時間も練習を積んできているのです

どれだけジャッジの練習・勉強を審判員は一日に何時間されているのか存じ上げませんが、公正なジャッジを望みます。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック