無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月28日 (土)

大会13日目 決勝

群馬大会も最終日

決勝は健大高崎でも前橋育英でもない

高崎商と桐生市商の対決となった

初回の攻防が後に大きく試合を左右する結果となったことは終わるまでわからなかったこと

桐商は2死後四球とヒットで1・3塁のチャンスを作るが後続が倒れ無得点

しかしこの打席追い込まれたあと明らかに変化球が来るであろう場面で打者はストレートに重点を置いていたかのようなスイングで三振に倒れたことが無念であった

一方高商は真ん中にスーッっと入ってきたストレートをセンター返しすると打球はセンターの頭上を越えいきなり無死3塁のチャンス!続く2番バッターのタイムリーで難なく1点先制。後続も続き2点を奪った。

2階以降完全に立ち直った柿田投手、終盤のピッチングは圧巻と言える気迫で牛耳った

富岡監督率いる高商も追加点を狙ったが得点を奪えない・・

ゲームセット

2年連続決勝へ進んだ高商が昨年の悔しさをバネに甲子園への切符をてにした

「住吉先生が残してくれたチームで私は何もしていない」と富岡監督は言った。

しかし関投手のハートを強くしたのも両角選手を4番として化けさせたのもショートの育成で内田選手をセンターに定着させられたことなども富岡監督の手腕ともいえる。

また予選での活躍から「エースと心中」を腹に決めてかかる監督も居るがチーム全員で掴んだ勝利、3回戦の藤岡北戦の時に登板した橘・両角投手、特に橘投手が長いイニングリリーフが出来る状態にしておいたほうが甲子園に向けては良いであろう。

何はともあれ22年ぶりの夏の甲子園を決めたことで今年は同市(高崎)から3校の出場校を出すと言う快挙を成し遂げた(選抜の高崎・健大高崎、夏の高商)こんな快挙今までにあったであろうか?凄いことでそれこそ高崎健児と言えるが奇しくも高崎の市長が富岡賢治って・・名前変えたほうがいいんじゃない??

とにかく柿田・廣神の居る桐商は昨年に続き無念の結果であったが素晴らしい選手でした進路はどうするのかも今後注目されそうですね次の甲子園(目標)へ向けて頑張ってください!

2012年7月27日 (金)

大会12日目 準決勝

旋風を巻き起こす桐生南が高崎商に挑戦

桐生南0-1高崎商

高商エース関が序盤から飛ばし三振の山を築き4回に挙げた1点をそのまま守りきった

終盤は押し気味に進めた桐南だった。再三スコアリングポジションに走者を進めたがあと一本が出なかった。せめて同点に追いついていれば結果は逆になるであろう展開だった。

群馬No1右腕対左腕の対決か?

桐生市商5-0前橋育英

桐生市商はNo1右腕・エース柿田をマウンドに送り込むと対する育英は左腕・高橋ではなく右のエース神戸を先発マウンドへ

2012 2012_2

互いに140㌔を超すストレートが武器(私の先発予想はこの二人)

打者で注目したのが・・・

2012_3 2012_4

当たっていない育英の主砲5番の茂原と桐商3番今大会No1打者の呼び声も高い廣神

しかし試合は思わぬ展開に!育英、内野守備の乱れからピンチを背負うと一気に桐商が襲い掛かる。制球も乱れ神戸は持ちこたえられず2回に2失点、早々と降板する

予定より早い3回からの登板になってしまったが遂にNo1左腕高橋が登場、流れを引き戻したいところ・・・

2012_5 こちらも内野守備陣に足を引っ張られるがバント処理で二塁封殺するなどフィールディングのよさも見せる

2012_7

育英・エース高橋対桐商打者柿田!

柿田投手は圧巻のピッチングで第二シード育英を撃破

決勝は高崎商-桐生市商の組み合わせ

桐商は大会BIG3の左腕と連続で対戦する結果となった(前商・岩崎、育英高橋、そして決勝高商・関)こうなると左腕なれもしてくるところであり注目の廣神選手は左打者でありながら左投手をまったく苦にしない打撃センスを誇るので期待される

ただ準々決勝、準決勝くらいの良いピッチングを柿田がしないと高商打線&監督はワンチャンスをつけ込まれるそれが試合に影響しかねない。

高商・桐商両校選手たち、群馬県の最後の大会です。ファイナリストですから悔いの無いよう戦ってください。これまで負けてきたチームの辛さをどちらかが思いっきり味わうことになるのは覚悟してその時は勝者を称え、勝者は敗者を称えあってください。勝ったから、甲子園だから偉いわけじゃない。ただの目標を達成しただけで大切なことはこれまでの努力の積み重ねが将来活きてくることです。頑張ってください!

2012年7月25日 (水)

大会11日目

ベスト4が出揃った!

【上毛敷島】

桐生市商2-0前橋商

利根実0-4桐生南

予想の難しい第一試合、桐商・柿田-廣神、前商・岩崎-川野辺 両校群馬を代表する好バッテリーの対戦にワクワクした。

再三チャンスを作りながらあと一本が出ない両校。特に桐生市商は先制のチャンスにスクイズを敢行、しかし打球はピッチャー正面、3塁ランナーのスタートも遅れホーム楽々タッチアウト!

9回は1点失った後の2点目、レフトからバックホームされた送球はランナーを抜きキャッチャーミットへしかしキャッチャーがまさかの捕球ミスで生還させてしまった。

この回1点で抑えていればその裏の無死1塁からの攻撃が変わっていて同点のチャンスは大いにあった。だからこそミスが怖いのである

前商バッテリーは2年生!秋以降の成長が楽しみである

桐生南は若駒時を髣髴とさせる勢いがあるしかし次は最も手ごわい打線と言ってもよいであろう高商だ!

2012年7月24日 (火)

大会10日目

準々決勝2試合ベスト4を賭けた戦い!

【上毛敷島】

伊勢崎清明1-2×高崎商(9回サヨナラ)

前橋育英3-1館林(延長10回)

両試合とも大接戦となった!

高崎勢キラーとなって快進撃の伊勢崎清明に対するは、これまた高崎勢最後の砦『高商』

両校1点ずつを取り合い互角の戦いだったが、9回裏高商のサヨナラ勝ち!

それにしても伊勢崎清明の躍進には高校野球ファンを魅了した。

一方、第二シード前橋育英と館林も1-1のまま延長へ

10回表、連続タイムリーにより2点を上げ館林を突き放し底力を見せたが育英も今大会波に乗り切れていない!投手陣が頑張っているだけに打線の奮起を期待したい。

館林は堂々たる試合運び。先制されてもすぐに追いつく展開も10回に力尽きた・・

明日も好ゲームが期待される

2012年7月23日 (月)

大会9日目

ベスト8を賭けた残り4試合が行われた

【高崎城南】

市伊・四ツ葉0-5前橋商  桐生市商5-0富岡

【上毛敷島】

桐生南2-1樹徳(延長11回)  利根実2-1太田市商

ベスト8が出揃った!

この日は同球場2試合がどちらも同スコアで勝敗を決めた

前商、桐商は安定した力を発揮できているここまで取りこぼしの無い展開が試合内容から伺うことが出来る。

樹徳はあと一歩だった・・桐南のレフトの大ファインプレーによってチームが救われ樹徳は地獄に落とされた気分であろう。それだけ『抜けた!』と思わせる一打だった。

太田市商は農二戦で見せた驚異的な粘りがこの試合発揮できず涙を飲んだ。

利根実は創部初めてのベスト8へ進んだ!!

2012年7月22日 (日)

大会8日目

4回戦、ベスト8を賭けた戦いが始まった

この日は4試合

【高崎城南】

市前橋0-7前橋育英(7回コールド)

常磐0-2館林

【上毛敷島】

健大高崎1-8×伊勢崎清明(8回コールド)

高崎商2-0館林商工

まさかだった・・・・

県内無敵、センバツベスト4、この夏全国制覇を目指した健大高崎がコールド敗退

高仁-清水のバッテリーを擁し全国制覇を目指した農二以来ではないか?

自分達だけでなく周りもがそれを大いに期待したチームは群馬では実に32年ぶりか?

いや、あの時以上の期待であったろう今年の健大高崎

しかしその前に立ちはだかった「高崎キラー」伊勢崎清明

センバツ出場の高崎を初戦で破ると次は中央中等、そして健大高崎!

ここの選手が言っていた「健大とやるまでは負けられない」それが実現しまさかの勝利

次も優勝候補の一角、高崎商。また「高崎」か・・・

第二シードの前橋育英は調子を上げてきた

綱渡り状態だったチーム状態で負けていてもおかしくない試合を何とかモノにしベスト8

高崎商は圧勝してきたこれまでの戦いが一変、投手戦を制した

こう言った試合展開になればなるほど「富岡監督」の策がクローズアップされてくる。この試合もまさにそういった試合だった。点を取れるチャンスは絶対逃さない!この強かさが絶好調の両角君へのバントに見られた。

常磐-館林、見事な投手戦内容的には常磐が勝てた試合だったように思えた。しかし送るべきところで送らないその油断が館林に勝機を持っていかれたように思えてならない。ただ、常磐と言うチーム若駒の時のほうが荒々しくもっと強くなりそうに思えたのだが・・

さぁ大本命健大高崎が姿を消したこのチャンスをモノにし甲子園への切符を手にするのはこの中からなのか?それとも・・・・・。

2012年7月17日 (火)

大会7日目

16日の結果

【上毛敷島】

前橋工0-2桐生南

利根実3-0高崎工

【高崎城南】

尾瀬0-15市伊・四ツ葉(5回コールド)

藤岡工1-2×富岡(延長10回サヨナラ)

いろんなドラマが展開されたようです

名門・前工が完封で敗れましたが、3年生の代の若駒では両校決勝トーナメントに残ったチームの対戦。桐生南も力があったものと思う。

気になる高崎勢、この日の登場は高工!初回から堪えて、耐えて、凌いできたが終盤つかまり無念の敗退・・

その高工監督の前任校・藤工も延長の末サヨナラで敗退。

工業校が3校とも姿を消す一日となった・・・。

2012年7月16日 (月)

大会6日目

今日も注目校の登場

【高崎城南】

第一試合 前橋商8-1利根商(7回コールド)

第二試合 前橋西2-7桐生市商

第三試合 西邑楽3-5館林

【上毛敷島】

第一試合 関学大付4-5×樹徳(9回サヨナラ)

第二試合 東農大二3-4×太田市商(9回逆転サヨナラ)

第三試合 伊勢崎5-6×館林商工(延長14回サヨナラ)

いや~今日も熱い試合でした

シード前商は貫禄の試合運び、樹徳もシード校の意地でしょうか危ないながらも勝ち残った。農二、2点リードして迎えた9回まさかの逆転で姿を消した・・・・

2012年7月15日 (日)

大会5日目

14日、予定通り6試合が行われた

健大高崎4-1桐生第一

中央中等1-2×伊勢崎清明(延長12回サヨナラ)

藤岡北0-10高崎商(5回コールド)

太田東2-4前橋育英

榛名0-2市立前橋

前橋東1-2常磐

注目されたカード、健大高崎対桐生第一は好守にさえた健大が貫録勝ち

私がそれ以上に注目していた太田東対育英は・・・

おいっ!FUMIYAなにしとるんや!お前らしくない!!

沼田戦、太田東戦と健大刺客の筆頭でありながらちょっともたもたしてますなぁ

早いとこ調子上げていかにゃえらい事になるぞ!

高商は強さを発揮しているようですが富岡監督の心中は?

伊勢崎清明、高崎に続き中央中等まで・・

KURIお疲れ様。よくがんばったね

清明のある選手が以前言っていたようですね

「健大とやるまで負けられねぇ!」って。その通りになりました。

15日も楽しみなカード盛りだくさんです!

2012年7月12日 (木)

大会4日目

毎日熱い戦いが繰り広げられている群馬大会も4日目

この日も10試合が行われた

前橋南5-10富岡

伊勢崎商2-4藤岡工

利根実12-0長野原(5回コールド)

経附3-5高崎工

西邑楽5-2勢多農林

館林3-0高崎東

安中総合3-4尾瀬

桐生3-5伊勢崎

太田工0-1×館林商工(延長10回サヨナラ)

桐生南8-0松井田

高崎勢は前日の試合を含め

東農大二、高崎工が残ったが

高商大附、高崎、高経附、高崎東と夏を終えてしまいました・・・

2012年7月11日 (水)

大会3日目

3日目も注目校が目白押し!

太田市商5-0前橋

東農大二11-0渋川青翠(5回コールド)

新田暁1-8×市伊・四ツ葉(7回コールド)

群馬高専4-5利根商

前橋商10-1太田(7回コールド)

前橋工9-1桐生工(8回コールド)

関東学園大付2-1桐生西

樹徳1-0高崎商大付

高崎2-5伊勢崎清明

万場6-7×前橋西(延長11回逆転サヨナラ)

藤岡中央1-5桐生市商

センバツ出場の高崎が初戦で姿を消した・・・

センバツ・春季・夏季と全て初戦敗退、秋で力尽きたのか・・

同じく群馬トップの進学校前橋も涙をのんだ

期待された農二・前商・前工・樹徳・桐生市商は3回戦へ駒を進めた

万場-前橋西の試合は凄い展開に両校惜しみない拍手が送られ、

北毛の雄・利根商は0-4のビハインドから終盤見事な逆転劇を見せた

今後ますます感動のドラマが見られそうです。がんばれ高校球児!

2012年7月10日 (火)

大会2日目

4球場で行われたこの日はいよいよシード校の登場!

結果は以下の通り

健大高崎6-0吉井

富岡実0-7高崎商(7回コールド)

沼田3-4×前橋育英(延長10回サヨナラ)

常磐3-0高崎北

嬬恋0-4桐生第一

藤岡北8-4中之条

太田東1-0大泉

前橋東6-3伊勢崎工

渋川工1-5中央中等

下仁田1-8市前橋(7回コールド)

渋川1-3榛名

と言った結果であった。

第一シード健大高崎は順当勝ち 第二シードの前橋育英は1点リードされて9回二死まで追い込まれたが同点に追いつくと10回にサヨナラを決め辛うじて残った!

敗れはしたが中之条、伊勢崎工は最終回に2点を奪う反撃を見せてくれた!

高崎勢は・・・

健大高崎 高崎商 中央中等 榛名が勝ち残ったが

吉井 高崎北が姿を消す結果となった。 

2012年7月 8日 (日)

始まった!夏の高校野球

2012年、群馬県大会が7月7日、七夕の日に悪天候の中、幕を開けた!

いよいよ始まった、3年生にとっては最後の大会

『甲子園への旅』のラストチャレンジ

この日は4試合が上毛敷島球場と高崎城南球場の両球場で行われた

館林商工11-0興陽(5回コールド)

高崎工11-1玉村(5回コールド)

大間々4-7館林

明和県央2-3×藤岡工

と言う結果だ。工業系がつよかったですね・・・

勝った4校は次へ向けて気を引き締めなおしていることと思うが

同じ数だけ負けたチームがある。

早すぎた夏、

でも勝敗より大事なことがあります。

最後まで仲間とともに部を続けて来れたこと!

親にとっては一番大切な部分だと思います。

君達の一生の宝になるはずです。お疲れ様でした・・・・

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック