無料ブログはココログ

« 大会11日目 | トップページ | 大会13日目 決勝 »

2012年7月27日 (金)

大会12日目 準決勝

旋風を巻き起こす桐生南が高崎商に挑戦

桐生南0-1高崎商

高商エース関が序盤から飛ばし三振の山を築き4回に挙げた1点をそのまま守りきった

終盤は押し気味に進めた桐南だった。再三スコアリングポジションに走者を進めたがあと一本が出なかった。せめて同点に追いついていれば結果は逆になるであろう展開だった。

群馬No1右腕対左腕の対決か?

桐生市商5-0前橋育英

桐生市商はNo1右腕・エース柿田をマウンドに送り込むと対する育英は左腕・高橋ではなく右のエース神戸を先発マウンドへ

2012 2012_2

互いに140㌔を超すストレートが武器(私の先発予想はこの二人)

打者で注目したのが・・・

2012_3 2012_4

当たっていない育英の主砲5番の茂原と桐商3番今大会No1打者の呼び声も高い廣神

しかし試合は思わぬ展開に!育英、内野守備の乱れからピンチを背負うと一気に桐商が襲い掛かる。制球も乱れ神戸は持ちこたえられず2回に2失点、早々と降板する

予定より早い3回からの登板になってしまったが遂にNo1左腕高橋が登場、流れを引き戻したいところ・・・

2012_5 こちらも内野守備陣に足を引っ張られるがバント処理で二塁封殺するなどフィールディングのよさも見せる

2012_7

育英・エース高橋対桐商打者柿田!

柿田投手は圧巻のピッチングで第二シード育英を撃破

決勝は高崎商-桐生市商の組み合わせ

桐商は大会BIG3の左腕と連続で対戦する結果となった(前商・岩崎、育英高橋、そして決勝高商・関)こうなると左腕なれもしてくるところであり注目の廣神選手は左打者でありながら左投手をまったく苦にしない打撃センスを誇るので期待される

ただ準々決勝、準決勝くらいの良いピッチングを柿田がしないと高商打線&監督はワンチャンスをつけ込まれるそれが試合に影響しかねない。

高商・桐商両校選手たち、群馬県の最後の大会です。ファイナリストですから悔いの無いよう戦ってください。これまで負けてきたチームの辛さをどちらかが思いっきり味わうことになるのは覚悟してその時は勝者を称え、勝者は敗者を称えあってください。勝ったから、甲子園だから偉いわけじゃない。ただの目標を達成しただけで大切なことはこれまでの努力の積み重ねが将来活きてくることです。頑張ってください!

« 大会11日目 | トップページ | 大会13日目 決勝 »

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1068590/46476467

この記事へのトラックバック一覧です: 大会12日目 準決勝:

« 大会11日目 | トップページ | 大会13日目 決勝 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック