無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

春季関東、5

いやー残念

育英負けちゃった・・・

それにしても浦和学院は強い本物です!

さて、夏に向けて群馬は育英、健大高崎の横綱2校に高商、前商、桐一、桐商が追う展開

前工、農二がちょっと置いて行かれた感がある

ダークホースに中央中等を挙げておこう

育英の群馬完全制覇なるか!それとも阻止する高校が出るのか今から楽しみですが夏前の梅雨時期の練習次第でグンと伸びる高校が出てくる可能性も大です。

2013年5月22日 (水)

春季関東、3・4

20日に行われた注目のカード

神奈川・桐光学園VS群馬・前橋育英の準々決勝!

注目といっても日本全国注目は桐光学園の松井投手

私は大会前、松井君をいつ持ってくるか注目していた。1戦目の花咲徳栄戦であれば桐光の監督は育英よりも花咲を重視していたことがわかり育英戦は2番手3番手でも勝てるとの計算を立てるであろう。もし、1戦目を飛ばし育英戦にぶつけてきたら・・・おそらく初戦で敗れていたに違いない。

案の定育英戦は登板を回避、大接戦となった。取りつ取られつのシーソーゲーム。執念といってよい育英が勝利した。

21日は準決勝

優勝候補筆頭の浦和学院と千葉勢2校そしてわれた前橋育英の4校で争われた。

浦和学院が東海大望洋を8回裏逆転で辛うじて勝利したが危ない試合だった

前橋育英は専大松戸をシャットアウトで勝利し決勝進出

育英に勝利のチャンスも見えてきた・・・・

それは3試合続けて同じ球場を使用できること。そして投打がかみ合ってきた分先制すれば逃げ切れる公算が高いように思う。

誰もが浦和学院!というところ私は前橋育英の優勝と断言しようかな・・・・・

2013年5月20日 (月)

春季関東、1・2

18日から行われている高校野球春季関東大会

健大高崎(群馬2)は山梨学院大附(山梨1)と対戦

先制するものの中盤逆転、追加点を奪われる苦しい展開。その後2点を返す意地を見せたが力尽き初戦で姿を消した・・・。

19日には群馬で無敗の前橋育英(群馬1)が登場

白鴎大足利(栃木4)と対戦し3-2で接戦をものにした!

勝った前橋育英はあのドクターK松井投手擁する桐光学園と20日対戦する

2013年5月 9日 (木)

春季関東、群馬10

秋に続き前橋育英の優勝で終わった群馬大会!

決勝は見ごたえのある試合となった

秋の雪辱に燃える健大高崎が終始リードを守る展開

しかし秋の覇者前橋育英が終盤捉えると延長で決着を見せた!

関東大会への出場は以下の通り

開催県栃木 1位・佐野日大 2位・大田原 3位・作新学院 4位・白鴎大足利

茨城 1位・霞ヶ浦 2位・常総学院

埼玉 1位・浦和学院(推薦出場) 2位・花咲徳栄 3位・鷲宮

千葉 1位・東海大望洋 2位・専大松戸

東京 1位・帝京 2位・日大三

神奈川 1位・桐蔭学園 2位・桐光学園

山梨 1位・山梨学院大附 2位・富士河口湖

そして群馬 1位・前橋育英 2位・健大高崎

以上の19校で争われる

尚、関東大会は5月18日から

5月18日 健大高崎が山梨学院大附(山梨1位)と対戦する〔宇都宮清原球場〕

5月19日は前橋育英が富士河口湖(山梨2位)と白鴎大足利(栃木4位)の勝者との対戦が組まれている!

健大ゾーンには浦和学院が構え、他に1位出場のない育英は楽なゾーンかと思われたがあのドクターK松井投手を擁する桐光学園が待ち受けるゾーンに入った。

2013年5月 4日 (土)

春季関東、群馬9

関東大会出場をかけた準決勝2試合が城南球場で行われた

第一試合 前橋育英6-2高崎商

第二試合 沼田高1-10健大高崎

第一試合の高崎商は初回幸先よく2点を先制、中盤追いつかれるもののよくしのいで来た。しかし9回力尽き4点を失って育英に軍配が上がった!2回以降追加点が取れていれば秋の覇者育英の息の根を止められたかもしれないが惜しい試合だった。

第二試合も挑戦者の立場の沼田が先制した!しかしすぐさま同点に追いつかれると後は勝ち方を知る健大の独壇場、ワンサイドゲームで終わってしまった。

敗れた両校、初回に先制する立ち上がりの集中力には目を見張るものがある。夏が楽しみな存在になるであろう。

これで関東大会群馬代表校が決まった!育英、健大ともに頑張れ!!

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック